かまいたち戦法をご存知ですか?

元奨励会三段でアマ強豪の
鈴木英春さんが考案された戦法です。

どの戦型でも万能に対応できる戦法はないのかと
考えた末、編み出した総合戦法です。

かまいたち戦法の基礎である
3つの19手定跡をご紹介します。

スポンサードリンク



【一直線型】


19手定跡(一直線型)7手_1

初手から
▲7六歩、△3四歩、▲4八銀!、△8四歩、
▲5六歩!、△8五歩、▲5七銀
と進んだ局面です。

飛車先を突かずにに▲4八銀とするのが
この戦法の出だしの特徴です。

そして、飛車先を受けません。
無防備のようですが、返し技を用意しています。

以下、
△8六歩、▲同歩、△同飛
と進み下図へ。


19手定跡(一直線型)10手_2

後手の飛車先交換は自然に見えますが、
返し技があります。

以下、
△2二角成、▲同銀、△7七角
と進み下図へ。


19手定跡(一直線型)13手_3

部分的にはゴキゲン中飛車で見る手筋ですね。

以下、
△8九飛成、▲2二角成、△3三角、▲2一馬、
△9九角成、▲5五桂
進み下図へ。


19手定跡(一直線型)19手_4

後手は勢い飛車を成りこみますが、
最終手の▲5五桂が厳しく先手大優勢です。

次に▲6三桂不成の両取りを狙っていますし、
受ければ、▲1一馬と取ると銀得になります。


【左右分断型】


19手定跡(左右分断型)14手_5

少し戻って、先手の▲7七角に対して
△8二飛とした局面です。

以下、
▲8四歩、△3三桂、▲8八飛、△7二銀、
▲3八金
と進み下図へ。


19手定跡(左右分断型)19手_6

手順中▲8四歩に対して、△同飛車は
もちろん▲2二角成です。

また、▲8四歩に代えて▲8三歩というのは
次の狙いが無く、将来的に歩を狙われて
しまいそうでよくありません。

△7七桂は、次に△8四飛を見せた手です
△7七銀じゃなく桂の理由は、▲3三角成から
▲8三銀の打ち込みを警戒した手です。

最後の▲3八金は角打ちに備えてバランスを取った手です。

このあと先手は駒を入手して▲8三への打ち込みを狙ったり、

▲4六銀~▲3六歩からの桂頭攻めがあり分かりやすいです。

後手はまとめるのに苦労しそうです。


【横歩取らせ型】


19手定跡(横歩取らせ型)5手_7

初手から、
▲7六歩、△8四歩、▲4八銀、△8五歩、
▲5六歩と進んだ局面です。

以下、
△8六歩、▲同歩、△同飛、▲7八金、
△7六飛と進み下図へ。


19手定跡(横歩取らせ型)10手_8

後手が横歩を取りました。
先手の5六の歩取りにもなってるので
こう指してみたいところです。

以下、
▲6六角、△8六飛、▲8八銀、△8二飛、
▲5七銀、△5四歩、▲5五歩、△同歩、
▲5四歩と進み下図へ。


19手定跡(横歩取らせ型)19手_9

形勢は私個人の見解だと難しいと思います。

先手は二歩損してるものの、駒が前に進んでいるのに対して、
後手は横歩を取って飛車ばかり動かしていて駒があまり
動いていません。

先手の方針としては持久戦にせず
どんどん積極的に動いていきたいです。

持久戦にしてしまうと、先手の駒が進んでるという
主張がなくなり、二歩損が響いてきてしまいます。

この後は先手の方針は飛車を5筋に回して
中央を制圧しに行きます。

▲7七桂~▲6五桂~▲5三歩成の狙いもあります。
力将棋が好みそうな展開ですね。

英春流の対居飛車戦においては、
お互い組み合う形だと三手角から
菊水矢倉にする形が多いようです。

もちろん対振り飛車用バージョンもあります。

詳しく知りたい方は以下の著書をご覧ください。

必殺!かまいたち戦法―英春流のすべて (三一将棋シリーズ)

必殺!19手定跡―英春流「かまいたち」戦法〈居飛車編〉 (三一将棋シリーズ)

必殺!右四間―英春流「かまいたち」戦法〈完結編〉 (三一将棋シリーズ)

必殺!陽動振飛車―英春流「かまいたち」戦法〈番外編〉 (三一将棋シリーズ)

英春流 将棋問答―必殺「かまいたち」戦法 虎の巻編 (三一将棋シリーズ)

英春流将棋入門 (三一将棋シリーズ)