角を犠牲にして攻めをつなげる手筋です。

驚きの手順です!是非ご覧ください。

スポンサードリンク



角の犠牲で攻めをつなげる_1

角換り腰掛銀の中盤戦で難しい局面です。


角の犠牲で攻めをつなげる_2

まず▲8三角と打ち込みます。

この局面で8三角は考えはするものの、
受けられると成れる場所がないので、
読みを打ち切って別の手を探して
しまいそうなところです。

以下、
△6三銀、▲2五歩、△1三銀、
▲1五歩、△同歩、▲4五桂
と進み下図へ。


角の犠牲で攻めをつなげる_3

▲7四角成を防いで△6三銀は当然の1手。

▲2五歩に対して、同桂と桂交換するのは
直後に▲5五桂があります。

△6三銀と銀を下がらせたことによって、
先手は▲4五桂として桂を捌くことができました。

以下、
△5四歩、▲7六歩、△6四角、▲4六金、
△8六歩、▲同歩、△8二歩
と進み下図へ。


角の犠牲で攻めをつなげる_4

後手の△5四歩は、桂交換後の5五桂を消した手。

また、先手の▲4五桂に対して△同桂と取るのは、
手順に先手の銀が進み、▲4四歩と▲5五桂の
狙いがありその展開は後手ダメです。

先手は▲7六歩として傷を消しつつ、
角が5七の地点を睨んでいるのを反らします。

後手は8筋を突き捨てて角を捕獲します。

以下、
▲3三桂成、△同金寄、▲3五金、△4八歩、
▲同飛、△8三歩、▲4五桂
と進み下図へ。


角の犠牲で攻めをつなげる_5

角損ながら先手ペースになりました。

後手は飛銀の働きがイマイチです。

こんな手順があるのは驚きました。
改めて将棋は奥が深いなぁと感じます。


手筋の隠れ家」から取り上げました。
アマ有段者の実戦譜を元に
実戦的な手筋を107のテーマで紹介しています。