三間飛車の穴熊対策楠本流PART2です。
※前回のPART1はコチラ

スポンサードリンク



楠本流2_1

先手の▲1八玉に対して△4二角とした局面です。

PART1では△3一金として、離れ駒ができたときに
先手が▲7四歩と仕掛けて先手が良くなりました。

以下、
▲7四歩、△同歩、▲9一角成、△6二銀
と進み下図へ。

楠本流2_2

ここで△4二角の意味が分かります。

△7五歩、▲6六飛とされると先手失敗形です。

そうなってしまっては、△7三銀から△7四銀と
抑え込む順もありそうです。

また△6二銀以外の手だと、先手から▲9二馬から
▲7四馬の狙いがあります。

上図から以下、
▲6四歩、△同角と進み下図へ。


楠本流2_3

△7五歩を防ぐには▲6四歩とするしかありません。

以下、
▲同馬、△同歩、▲6六角
と進み下図へ。


楠本流2_4

先手の▲6六角が▲6四歩からの狙いです。

ゆっくりしていると、後手から角打ちがあるので、
先手忙しい局面です。

以下、
△8三飛、▲7四飛、△7三銀、▲7五飛、
△7四歩、▲8五飛、△8四歩、▲2五飛
と進み下図へ。


楠本流2_5

陣形差で先手の方が玉が堅いので
後手は飛車交換を避けます。

以下、
△6二銀、▲4四角、△8八角、
▲9八香、△9九角成、▲4五飛
と進み下図へ。


楠本流2_6

△6二銀は、▲7二歩や▲4四角と出た時に
▲2三飛成という手を未然に防いだ手。

以下、
△5三銀、▲6六角、△9八馬、▲4三飛成
と進み下図へ。


楠本流2_7

形勢は難しいですが、先手も十分やれる局面です。
次に▲2三竜の狙いがあります。

楠本流は「真・石田伝説―石田流の秘法を伝授」で紹介されています。