矢倉4六銀3七桂の後手9五歩型の局面で
最近いきなり2五桂と指されるのを見かけますよね。

棋王戦挑決の永瀬羽生戦や
竜王戦森内渡辺戦、王将戦の渡辺羽生戦
など注目の集まるところで指されています。

気になったので少し調べてみました。

スポンサードリンク



矢倉25桂_1

4六銀3七桂戦法でいきなり▲2五桂とした局面です。

この形は昔から指されていた形ですが、

先手が思わしくないということから、
しばらく指されていませんでした。

▲2五桂に代えて宮田新手と呼ばれている
▲6五歩がよく指されていました。(参考図)


以下、
▲2五桂、△4五歩、▲同銀、△1九角成、
▲4六角、△同馬、▲同歩、△5九角、
▲3七角、△同角成、▲同飛、△1九角、
▲3八飛、△4六角成
として下図に進みます。


【参考図】

矢倉25桂_参考

▲6五歩によって、▲6六角の筋や
6筋の突き捨てができるようになって
攻めの幅が広がります。

この手が出始めたころに中井女流が
NHK杯で男性プロに勝っているのが
強く印象的に残っています。

この変化の攻防は矢倉本に詳しく載っているのでしょう。


矢倉25桂_2

後手の△4五歩の反発は当然の1手。

この手に代えて、△8五歩などとしていると、
▲5五歩、△同歩、▲1五歩、△同歩、▲3五歩
と攻めれば先手の攻めが続きます。

以下、
▲4四歩、△4五馬、▲4三歩成、△同金、
▲1九角、△4六歩、▲4八飛、△6四歩、
▲4六角、△4四歩
と進み下図へ。


矢倉25桂_3

先手の▲4四歩に対して△同銀や△同金と取るのは、
▲7一角と打てる形になるので十分やれそうです。

最終手の△4四歩は▲2四角~▲4五飛を防いだ手です。

以下、
▲6五歩、△3六馬、▲3三歩、△同桂、
▲6四歩、△3七銀、▲2四角、△同歩、
▲6三歩成、△4二銀、▲6八飛、△3五角
と進み下図へ。


矢倉25桂_4

先手の▲3三歩に対して放置していると
▲2四角~▲3二銀が詰めろ金取りになります。

この局面で後手良しという見解で、いきなり▲2五桂と
跳ねる形は指されなくなったようです。

木村八段の著書に△3五角で後手良しと書かれています。

この局面で中田宏樹八段が先手を持って2勝したことで、
いきなり▲2五桂と跳ねる手が最近プロ間で指されているようです。
(中継アプリより)



まずは2010年順位戦の中田畠山戦の進行です。

以下、▲7二と、△同飛、▲5七金と進み下図へ。



矢倉25桂_5

中田八段の▲7二とから▲5七金が上手い構想です。

せっかく急所に作ったと金を捨てるという発想が
私には思いつきません^^;

以下、
△6二歩、▲4七金打、△2五歩、▲3六金、
△5三角成、▲3七金
と進み下図へ。


矢倉25桂_6

▲5七金に対して△同角成と取るのは、
▲6一飛成が詰めろ(▲2三金~▲2一竜の筋)と
飛車取りなので金を取ることができません。

そのため、後手は△6二歩と飛車の成りこみを受けました。

上図となると、先手の方が玉が堅く、
▲4一角などの厳しい筋も残っています。

一方、後手は飛車が使えてない上に
△6二歩により横利きが止まってるのも
痛いところです。

以下は先手の中田八段が攻め切って勝ちました。


矢倉25桂_7

続いて、2013年順位戦の中田島戦の進行です。

▲5七金以下、
△6二歩、▲4七金打、△2七馬、△3六歩
と進んだ局面です。


以下、
△2六角、▲5二銀、△7五歩、▲3七金、
▲同角成、△4三銀成、▲同銀、△3一銀、
▲同玉、△3三桂成
と進み下図へ。


矢倉25桂_8

以下、
△4二銀、▲2三桂、△4一玉、▲4三成銀、
△同銀、▲8三金で後手投了。

攻防ともに見込みがなく投了は仕方ない局面です。

こういう実戦が背景にあって、
以前ダメとされた形が注目を浴びて
指されているようです。

棋王戦挑決や竜王戦では▲6三歩成に対して、
△4二銀ではなく、△4八銀成と飛車を
取る順が指されています。


詳しい変化は知らないものの、いきなり▲2五桂とする順は
先手思わしくないということだけは知っていたので、
最近中継アプリで2五桂を見た時はビックリしました^^;