以前、将棋ウォーズと実際の棋力という記事で
弾丸の棋力はあまり参考にならないと書きました。

その証拠をお見せします(笑)

スポンサードリンク



私自身はここ数か月は専ら弾丸(3分切れ負け)ばかりやってます。

つい最近10秒将棋ができたので、
今はそっちに夢中ですが(笑)

あ、10秒将棋対戦相手募集中です!

話がそれました^^;

弾丸が如何に当てにならないか
良く分かる画像をお見せします。


将棋ウォーズの棋力は当てにならない

itsこと林社長との対戦成績です。

林社長はアマ強豪で全国優勝があり、
プロ棋戦にも参加したことがある方です。

そんな実績を持った方と指せるのは
将棋ウォーズのひとつの魅力でもありますね^^

10切れの方は私が将棋ウォーズを登録した
2年ぐらい前?に対局したものです。

その当時はまだ今ほど人がいなかったせいか、
当たる確率も高くて当たるたびに嫌気がしてました(苦笑)

棋譜は覚えていませんが、
完敗だったことは記憶しています。

それが3分切れ負けの弾丸だと、
2勝することができています。


弾丸の棋力が如何に当てにならないか
よく分かると思います!!



それと同時に対局数は少ないものの、
10分切れ負けは実際の棋力の参考になる
というのも分かると思います。

10分切れ負けを自身が指した感触も
全く歯が立たないという印象を受けました。

弾丸の棋力は実際の棋力と少し違うので、

上達したい方は10分切れ負けをお勧めします^^