横歩取りの出だしの将棋から
先手が横歩を取らずに▲5八玉という
指し方も面白いと思うのでご紹介します。

スポンサードリンク



横歩取らず58玉1

初手から
▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△8四歩、
▲2五歩、△8五歩、▲7八金、△3二金、
▲2四歩、△同歩、▲同飛、△8六歩、
▲同歩、△同飛
と横歩取り模様に進んだ局面です。


横歩取らず58玉2

ここで横歩を取らずに▲5八玉とするのが
今回ご紹介する手です。

以下、
△8八角成、▲同銀、△3三角
と進み下図へ。


横歩取らず58玉3

▲2八飛と引いて受ける手がなくなったので、
△3三角と打って両取りを掛けられ先手失敗に
見えますが・・・。

以下、
▲2一飛成、△8八角成
と進み下図へ。


横歩取らず58玉4

ここで先手に返し技の1手があります。


横歩取らず58玉5

▲6八角!です。

以下、
△8二飛、▲8八金、△同飛成、▲3一竜、
△同金、▲3三角
と進み下図へ。


横歩取らず58玉6

王手竜取りを掛けて駒得の先手が優勢です。


横歩取らず58玉7

上図は▲5八玉に対して△7六飛と後手が
横歩を取った局面です。

以下、
▲2二角成、△同銀、▲3四飛、△3三銀、
▲8四飛と進み下図へ。


横歩取らず58玉8

後手の△7六飛は次に△8八角成を狙っているので、
先手から角を交換して▲3四飛と横歩を取ります。

最終手の▲8四飛が5八玉を生かした手です。
居玉の5九のままだと△9五角と王手飛車を打たれてしまいますが
5八玉型なのでそれを消しています。

以下は△8二歩と受けるぐらいですが、
▲3八金として、△2六飛には▲2八銀と
歩を使わず指す感じでいかがでしょうか。