今日はアマ竜王戦県予選に参加しました。

結果は2敗で予選落ち。

第1局目の将棋を載せます。

スポンサードリンク



アマ竜王戦予選1局目_1

私が先手で三間飛車対左美濃の戦型になりました。
局面は▲7五歩と石田流を目指したところです。

上図から、△9四歩、▲6八角、△8四飛、
▲7六飛、△3一角と進み下図へ。


アマ竜王戦予選1局目_2
後手の△3一角は△6四銀から
△7五銀を狙っています。

石田流を目指す時には
常にこの筋を警戒しないといけません。

以下、
▲5七角、△6四銀、▲6五歩、△同銀、
▲7九飛、△8六歩、▲7七桂
と進み下図へ。


アマ竜王戦予選1局目_3
▲6五歩~▲7七桂がこの形の部分的な手筋です。

以下、
△6四歩、▲6五桂、△同歩、▲7四歩、
△8五飛、▲7三歩成
と進み下図へ。


アマ竜王戦予選1局目_4
銀桂交換になって飛車も捌けそうで優勢を意識ました。

後手の方は6四歩があまり良くなく、
△6四歩に代えて△5六銀、▲同銀、
△8七歩成なら難しいようです。
※△5六銀は激指にかけて知った手で
  なかなか思いつきにくい手だとは思います。

△5六銀は▲7四歩に対して△8六飛と逃げる手が
銀取りになります。


アマ竜王戦予選1局目_5
上図は終盤です。

ここで▲7七角と打てばはっきり勝ちでした。

▲7七角は
▲3五桂、△同歩、▲3四銀、△同玉、
▲4五角という筋の詰めろ竜取りで
勝負ありでした。


実戦は▲7九歩と打ちました。

というのも数手前からの読み筋なので
他の手をあまり考えませんでしたが、
1手1手読み筋通りでも他の手を
考える癖をつけないといけませんね。

これを逃してから優勢だったのが一気に互角を
通り越して劣性、必敗の局面になってしまいました。


アマ竜王戦予選1局目_6
ここが最後のハイライトでした。

▲3四銀を読んで取れば詰み。

取らなくても詰みそうと思って勝ったかもと思ってたのですが、
なぜか指す瞬間大錯覚をして角を打ちました・・・。

▲3四銀、△同玉、▲3五竜以下詰みです。

ただ、実際は▲3四角でも詰んでいたようですが、

大錯覚のショックでもうここでは思考停止してました(苦笑)

棋譜載せておきます。