将棋ウォーズの1戦から。

定跡形からはずれた相居飛車の戦いとなりました。

スポンサードリンク



※私が後手ですが、便宜上先後逆にしています。
20140810_1.jpg
相手の方が3手目に▲4八銀としてきました。

私はこの手に対しては居飛車にすることも多いです。

▲4八銀と指すということは右四間飛車か、
かまいたち戦法だと思いますが、前者が
圧倒的に多いと思います。

その場合、飛車先不突きで右四間にできるというのが
相手の思惑通りになる気がして嫌なんですよね。

善悪云々ではなかったりします。


20140810_2.jpg
駒組みが進んでここでは少し模様が悪いかなと思ってました。

ただ、この歩交換を見てうまく駒を使っていける気がしたのと、
相手は角のラインを生かして攻めてくるのが予想できました。

以下、
△同歩、▲同銀、△7三桂と進みました。


20140810_3.jpg
△6四歩と打つのではつまらないので反発しました。

▲6四歩には△6五桂が角取りになります。

以下、▲6三歩成、△7七桂成、▲同銀(▲同桂)と進んでも、
良い位置にと金ができるので、難しそうです。


20140810_4.jpg
上図より20手ぐらい進んだ局面です。

ここで優勢を意識しました。


棋譜はコチラ