何回かに分けて、私の知っている
矢倉の基礎知識丁寧に解説します。

今回は初手からの駒組みと大まかな作戦を
定跡書ではあまり触れられてなさそうな
ところまで解説します。

スポンサードリンク



矢倉駒組み_1

初手から
▲7六歩、△8四歩、▲6八銀、△3四歩、
▲6六歩と進んだ局面です。

▲6八銀は△8五歩とされたときに
▲7七銀として後手からの飛車先の歩交換を防ぎます。

▲6六歩のところでは▲7七銀もあります。

ただ、▲7七銀だと後手に矢倉中飛車にされたとき、
中央から攻められることになります。

その際に▲7七銀の働きが
イマイチなので中央を厚くしたり、
角筋を通すために▲6八銀と引く展開になりやすいです。

そのため、▲6八銀と戻すと2手損になってしまい、
ほとんどの方が5手目は▲6六歩と指します。

当然▲6六歩にもデメリットはあって、
6筋が争点になってしまうため、後手から
右四間飛車の選択肢を与えることにもなります。

アマチュアでは人気の右四間飛車ですが、
プロではほとんど見かけません。

分かりやすく言うと勝てないからでしょう。


上図から
△6二銀、▲5六歩、△5四歩、▲4八銀、
△4二銀、▲5八金右、△3二金、▲7八金、
△4一玉、▲6九玉、△7四歩
と進み下図へ。


矢倉駒組み_2
△6二銀や△5四歩は先手に
矢倉だけではなく、振り飛車の
可能性もあるので、柔軟に対応できる手です。

△4八銀を見て、振り飛車の可能性が
低いので、△4二銀と上がることができます。

仮に先手が振り飛車の場合でも、
手損しないと美濃囲いには組めないので、
後手もその変化は怖くありません。
※現代将棋は玉の堅さに拘るので、
 堅さが同じなら不満はありません。

最終手の△7四歩に代えて、
△5二金も多く指されています。

△7四歩の意味は、△4一金の
形を決めたくないという意味です。

急戦か持久戦のどちらにするのか
作戦を決めるのを1手遅らせているという感じです。

△7四歩でも△5二金でも結局同じ変化に
合流することが非常に多いです。

この辺りは好みもあるかもしれません。

上図から、
▲6七金右、△5二金、▲7七銀、△3三銀、
▲7九角、△3一角、▲3六歩、△4四歩
と進み下図へ。


矢倉駒組み_3
▲6七金右は、後手からの急戦を警戒しています。

▲7七銀としてしまうと、後手から急戦で
仕掛けられたときに損が多いです。

後手から急戦の場合、角は△2二角のまま
使います。対応するには先手も角は
▲8八のまま対応することになります。
(▲7九に引いてしまうと角のラインが厳しい。)

その場合に、▲7七銀が中央は薄くなり、
角もさえぎって働きが悪くなってしまいます。

そのため、▲7七銀より先に▲6七金右と上がり、
中央を厚くし、柔軟に対応できるようにします。

後手の△5二金を見て、急戦の可能性が
低くなったので、先手も▲7七銀としてじっくり指します。
(急戦の場合は△4一金型が多いです。
 理由は1手でも早く攻めるためや、
 大駒の打ち込みに強い、△5二飛車があるなど。)

ここまでが基本的な矢倉24手組です。

途中細かいところは、工夫もあり
若干違うときもありますが、
最終的にこの局面に辿り着きます。


3七銀戦法

矢倉駒組み_4
基本の24手組から▲3七銀とした局面です。

今一番主流の▲3七銀戦法です。

ここからは▲4六銀▲3七桂戦法
と加藤流に分かれます。

詳しくはまた別途記事を書きます。


森下システム

矢倉駒組み_5
基本の24手組から▲6八角とした局面です。

森下システムと呼ばれている形で
昔流行していた形です。

意味としては、右辺は形を決めずに保留して、
玉を囲い、相手の出方を見て、攻めるのか
受けるという感じで柔軟に対応しようという指し方です。

先に玉を囲うということでそれを咎めて、
後手は玉の囲いを省略して、端に集中砲火する
雀刺しが天敵で森下システムは一時姿を消しました。

しかし、雀刺しに対しても十分対応できる順が
発見され、最近のプロの将棋でも指されています。

これも詳しくは、また別の記事で取り上げます。


3五歩早仕掛け

矢倉駒組み_6
基本の24手組から▲3五歩とした局面です。

結論から言うとこの形は現在のプロの将棋では
見たことありません。

私がこの▲3五歩早仕掛けの形を
プロの将棋で観たのは、10数年前の
今はない棋戦の早指し将棋選手権ですかね。

上図から、△6四角、▲1八飛、△5三銀と進みます。


矢倉駒組み_7
ポイントは後手が△4三金右と上がっていないので
△4三銀の余地があることです。

△4三金右と上がっていないために、
▲3四歩を取り込まれても、△3四同銀
として、▲3五歩には△4三銀と引くことができます。

最終図は先手の飛車の働きが悪く、
後手に手厚く抑え込まれそうな格好で
先手思わしくありません。

後手は△4五歩から△4四銀右として
手厚く指していく感じです。

長くなってしまいましたが、
最後までお付き合いいただきありがとうございます。

矢倉の24組みの手順の途中でも、
一手一手意味があることを少しでも
ご理解していただけたら幸いです。

私が矢倉を勉強した本は森下先生の2冊です。
10年以上前に私が最初に購入した矢倉の本です。
今でもたまに読み返します。
要点を絞られて解説してるので、とても読みやすく
矢倉の基礎はこの2冊で学びました。

現代矢倉の思想 (未来の定跡)

未来の定跡 現代矢倉の闘い


そして矢倉のすべてを知りたいという有段者の方には
羽生先生の本を読んでみてください。

変わりゆく現代将棋 上

変わりゆく現代将棋 下


この本は私も購入して少し読みましたが、とても難しいです。

序盤の細かい枝分かれをそれぞれ解説しています。

また各戦型のポイントとなった将棋の棋譜などもあり
マスターすれば矢倉はアマ高段者またはそれ以上に
なれると思います。