将棋倶楽部24で高段者の将棋を観戦してたら、
勉強になる寄せ手筋があったのでご紹介します。

スポンサードリンク



将棋倶楽部24の六段同士の1局です。

※便宜上盤面を逆にしております。
24高段者の鋭い寄せ_1
▲3九金と銀を取った局面です。

さて、ここから後手(下側)の
先手玉の寄せ手順わかりますか?
(次の1手だけではなく10手ぐらい。)

24高段者の鋭い寄せ_2
上図から
△3九角成、▲同金、△3七金!
と進みました。

△3七金に▲同桂は、
△3九龍から一間龍の形で詰みです。

△3七金に代えて、△同龍だと▲2八銀と打たれ
△9九龍と香を拾うのは次の攻めが難しく、
龍を切るのも攻めが細いと判断したのだと思います。

手番を渡してしまうと先手からの端攻めが厳しいです。

△3七金に私は感心しました。
(激指13に解析させても△3七金が第一候補手!)

もちろん、穴熊に3七の地点は急所なので
部分的に知ってる手筋です。

ただ、△3九角成から2枚金取るまでが
自然な流れで読んでしまいがちなところ
だと思います。

こういう流れで読んでしまわず、
常に1手1手考えるというのは、
見習わないといけないなと感じました。

実戦は以下、
▲2八銀、△2七金、▲同銀、△3九龍、
▲3八金、△同龍、▲同銀、△4八金
と進みました。

24高段者の鋭い寄せ_4
この形だと先手に金がなく、
龍を切っても食いつけそうな気がします。

先手は大駒しかなく受けづらいですね。

穴熊には金駒を渡さないようにして、
重くても食いつくのが穴熊特有の攻め方です。

以下、
▲2七角、△3九銀、▲3七角、△3八金、
▲同角、△4六銀、▲2八角、△同銀成、
▲同玉、△4七金と進みました。


24高段者の鋭い寄せ_5
4枚の攻めは切れないと言われますが、
後手の攻めは3枚で歩も使えないので、
ギリギリの攻めです。

以下、
▲4九金、△3七角と進みました。


24高段者の鋭い寄せ_6
△3七角は数の攻めですね。

この局面では、ぱっと見
コレ!って感じの手ですね。

以下、
▲同桂、△同銀成、▲3九玉、△3八成銀、
▲同金、△同金、▲同玉、△4六桂、
▲4七玉、△6九角と進みました。


24高段者の鋭い寄せ_7
ばらしてから△4六桂~△6九角が
厳しく、後手の勝ちがハッキリしました。

以下、
▲3七玉、△3八金、▲2七玉、△4七角成、
▲1九角、△3七金まで。(下図)


24高段者の鋭い寄せ_8
▲3七玉に代えて▲5七玉と逃げるのは
△6八角成、▲6六玉、△7六金まで。

最後は△3七金が鮮やかな捨て駒で
即詰みです。

如何でしたか?

手の流れから△3九龍と金を
取ってしまいそうなところを、
常に局面局面で最善を考えて
△3七金と一工夫するのが
光った一局でした。

最も先手からは手番が回ってくると端攻めが厳しい。
△3九龍と金を取ると▲2八銀で困る。



何かないかと別の手を考え△3七金を発見!
という読みの流れだとは思いますけどね。

もし最初から手の流れで△3七金と読んでるとしたら
私とは手の読み方が全く違うということですね。。。