またまた、女流王将戦の1局から。

振り飛車の華麗な捌きをご紹介します。

スポンサードリンク



中澤アマ対井道女流初段との1局です。

中澤アマはプロを倒して女流王将戦本線トーナメントに
勝ちあがってきました女性アマトップクラスの実力者です。

中澤アマは研修会B2に所属しているらしく、
C1で女流プロになれるので、実力的には
女流プロといえますね。

戦型は中澤アマの居飛車、井道女流初段の
ノーマル三間飛車となりました。

※盤面を逆にしております。
振り飛車の捌き_1
▲4六の銀を5五に出たところです。
積極的ですね^^

ここから振り飛車側の井道女流初段が
華麗な捌きを見せてくれました。

ここから数手考えてみてください。

振り飛車の捌き_2
△6五銀!です。

▲4四銀を受けずに△6五銀が好手です。
小林九段が解説されていた手です。

以下、
▲4四銀、△2二角、▲2四歩、△4二飛
と進み下図へ。

振り飛車の捌き_3
こうなっては振り飛車が1本取った形です。

銀が逃げると△4七飛成や△7六銀があります。

以下、
▲2三歩成、△4四角、▲3二と、△7七角成、
▲同桂、△4七飛成、▲4八歩、△5六龍
と進み下図へ。

振り飛車の捌き_4
駒得で綺麗に捌けて振り飛車優勢です。

▲3二とは参考になる手ですね。
△同飛車と取るわけにはいきません。

△4七飛成が金取りになるのが先手は
痛いところです。

次の1手は▲6五桂と取りたいところですが、
取れません。

△6五桂以下、
▲2七歩、△同飛、▲2六歩、△2八飛、
▲2七銀となり下図へ。

【参考図】
振り飛車の捌き_5参考
こうなっては先手かなり厳しいですね。

実戦は▲6五桂と取れないので
▲2一龍と進みました。

振り飛車が綺麗に捌いて優勢になりましたが、
中澤アマが逆転勝ちしました。