2015年7月25日に「対居飛穴最終兵器 矢倉流中飛車の極意」が発売予定となっております。

矢倉流中飛車というのは矢倉規広七段が得意としてる居飛車穴熊対策で矢倉流と呼ばれているようです。
矢倉流について簡単に解説させていただきます。

矢倉流中飛車_1
居飛車穴熊対中飛車の将棋で、局面は
後手が△4五歩と突いたところです。

以下、
▲9九玉、△4二飛
と進み下図へ。


矢倉流中飛車_2
居飛車側が穴熊を目指したタイミングで
△4五歩~△4二飛と動きを見せるのが
矢倉流と呼ばれる指し方です。

昔のタイトル戦の森内佐藤戦の将棋で、
佐藤九段が矢倉流を指したこともありましたね。
(結果は終盤での千日手だったかな。)

ここから矢倉流の基本的な狙い筋を
ご紹介します。


矢倉流中飛車_3
上図から▲2六飛として4筋の交換を防いだところです。

この局面で後手に狙いの1手があります。


矢倉流中飛車_4
ガツン!と△6五銀が狙い筋です。

以下、
▲同銀、△7七角成、▲同桂、△4四角、
▲2八飛、△7七角成
と進み下図へ。


矢倉流中飛車_5
後手は銀桂交換の駒損ですが、居飛車側の
守りの桂と振り飛車側の攻めの銀の交換なので
損得は微妙です。

駒の損得はほぼ互角で後手は馬ができ、
後手指しやすい局面だと思います。

以下、▲8八角には△8七馬(金取り)を利かしてから
△8八馬と角を取り、△4六歩で後手十分。

また△8八銀には△6七馬~△6六馬があり、
△4六歩が残る後手が十分の局面です。

居飛車側はこの筋を避けて、▲9八香を上がる前に
▲7八金とするのが無難です。


以上が矢倉流の基本的な狙い筋です。
少し補足ですが、矢倉流は中飛車だけではなく、
三間飛車からでも同じような形にできます。

私は角交換振り飛車はあまり好みじゃなくほとんど指しません。
ここ数年は角道を止めた三間飛車を一番多く指してますが、
矢倉流中飛車も前から興味のある戦型です。

今回、矢倉七段による「対居飛穴最終兵器 矢倉流中飛車の極意
という本がいよいよ出るということでとても楽しみにしています。

本の紹介ページでは
------------------------------------------------
矢倉流中飛車の特長としては、
「主導権を握れる」
「堅さ負けしない」
「現代的で勝ちやすい」
といったことがいえます。

------------------------------------------------
と説明されています。

どのような内容になっているか非常に楽しみです。

対居飛穴最終兵器 矢倉流中飛車の極意 (マイナビ将棋BOOKS)


数年前に購入した「西川流振り飛車 居飛車穴熊破り」でも、
矢倉流中飛車が解説されており、内容の違いにも注目したいと思っています。