不利飛車党!TAKの将棋奮闘日記

戦法のことや自分の棋譜、プロの将棋、将棋ニュースなど気になった将棋の話題について書いていきます。

    カテゴリ:戦法 > 三間飛車

    【図1】
    対穴熊の三間飛車側の工夫_1
    先日、囲碁将棋チャンネルの再放送の
    「めざせプロ棋士」の番組で三間飛車側の
    ちょっとした工夫があったのでご紹介します。

    第53回三段リーグ出口三段対望月三段の将棋です。

    図は後手が△3三角と穴熊を目指した局面です。
    居飛車側は対三間飛車に対して穴熊を目指す場合は、
    △5四歩~△5三銀を急ぐ必要はなく、一目散に
    穴熊を目指すのがよくある指し方です。

    穴熊に囲うまでは一目散に穴熊を目指して、
    △5四歩は途中でもし、振り飛車側から
    ▲5六歩と突かれたら、突けば良いです。

    ▲5七銀には△5三銀と追随する形で。
    (▲4六銀に△4四銀と受ける形を用意しています。)

    続きを読む

    【図1】
    ※便宜上盤面を反転しております。
    三間飛車対穴熊の機敏な仕掛け_1
    将棋倶楽部24の強豪の方の実戦からです。
    この将棋は2006年の将棋で、後手の方は、
    現在はプロになっている人とも噂されていました。
    24のレートは3000点越えしてたこともある強豪です。

    後手のノーマル三間飛車に対して、先手が
    居飛車穴熊という戦型で先手が▲6八金寄と
    した局面です。

    ▲6八金寄は離れ駒を無くす自然な玉の固め方
    に見えますが、この手を見て後手が機敏な仕掛けをします。
    続きを読む

    【図1】
    20150512久保佐藤_1
    5月12日に行われた第28期竜王戦1組の
    久保利明九段対佐藤天彦八段の将棋で
    興味深い戦型だったのでご紹介します。

    久保九段は少し工夫した出だしを見せていますね。
    ▲1六歩は藤井システムも視野に入れた手だと
    思います。局面自体は藤井システム全盛時代にも
    あったはずですが、同じ局面でも今と昔では、
    ぜんぜん見方が違うのは面白いところです笑

    続きを読む

    今回は、カナシスの△5五歩型の対策をご紹介します。
    他の対策についてはコチラの一覧からご覧ください。

    ※カナシスとは北海道のアマ強豪の金澤健一さんの
      ノーマル三間飛車の穴熊対策です。
      昔チャットで将棋倶楽部24の三段程度までなら
      十分通用すると教えてもらったのが懐かしい思い出です笑

    続きを読む

    スポンサードリンク


    このページのトップヘ